注目の緑化資材!在来種イワダレソウ改良品種
クラピア

屋上緑化駐車場道路校庭に - 地球温暖化ストップの救世主となるか!?
ホーム   >   製品紹介   >   緑化資材「クラピア」
クラピアは、2008日経優秀製品・サービス賞を受賞しました。(植物として)
「クラピア」宇都宮大学 雑草科学研究センターの倉持仁志先生によるイワダレソウ改良品種
屋上や壁面、駐車場、道路や公園、校庭の緑化でSTOP!地球温暖化!

「クラピア」とは?

「クラピア」は宇都宮大学・雑草科学研究センター 倉持仁志先生によるイワダレソウ改良品種です。 (種苗法に基づき品種登録出願済み(第18591号、第18593号等)/学名 Lippianodiflra L)

  • 草丈が伸びないので、上に伸びた刈り込み費用がかかりません。
  • 少量の水分でも枯れません。
  • 寒さに強く、冬でも枯れません。
  • 種子を作らないので付近の生態系に影響しません。
  • 増殖が早く、密生するので雑草が生えにくくなります。
メンテナンス費用の軽減!

※クラピアは種苗法で保護されております。無断生産・増殖・販売は禁止されています。植物の特許です。
※クラピアの苗の発売元は《株式会社グリーンプロデュース》です。

「クラピア」の特色

1 在来種
「クラピア」は、在来種のクマツズラ科に属する多年生植物イワダレソウの改良種です。雑草で、南九州・沖縄に自生します。
※名前が似ていますがヒメイワダレソウは外来種(原産地ペルー)です。
2 増殖スピードが速い
被覆のスピードは芝のおよそ十数倍です。
3 緻密な繁茂
被覆密度が高く、他の雑草の進入を抑えます。
4 多年草
毎年春になると可憐な花が咲き出します。
5 種子が無い
花をつけますが種子はありません。そのため植栽した場所でしか繁茂しません。他の植物の生態系を乱さない工夫です。
6 劣悪な土壌でも生育
ph4.5〜9.0でも生育します。三宅島の火山礫でも生育します。
7 耐塩性
EC20程度でも生育します。
8 刈り込み不要
匍匐性があり丈が低いので上に伸びた刈り込みが不要です。
9 少管理型
雑草の繁茂を抑制して除草作業の低減ができます。
10 耐踏圧性
人に踏まれて根の張りが活発になります。花の数は減少します。
11 開花期が長い(5〜10月)
可愛い可憐な花を長期間咲かせます。
12 雑草の抑制効果 特に注目されています。
匍匐して緻密に繁茂します。
13 土壌流失防止
ランナーの節目から発根し土中深く根を張ります。地表を蜜に被覆して表土を覆い表土の流失を防ぎます。
耐踏圧性にすぐれ、公園など常に人が立ち入る場所にも適しています。
芝と違いとても柔らかいので、素足で歩いてもチクチクしません。
開花期は5月から10月です。小さくて可愛らしい花が半年近く楽しめます。
土中深く張った根がしっかりと土をつかみ、表土の流出を防ぎます。
一番よく光合成をする植物は?

光合成の副産物として酸素が放出されるので、光合成能力の高い植物が酸素を良く放出する植物と言えます。
植物は光合成の合成方法によりC3植物、C4植物、CAM植物に分類されます。 光と水、温度が十分の条件で一番光合成を盛んにするのは、トウモロコシ、ヒエ、オヒシバ、ジョンソングラスといったC4植物というグループの草木です。 C3植物でもイネ、ヒマワリなどはかなり高い光合成を示しますが、一般的にはC4植物よりは低めです。 アサガオ、ホウセンカなどは低いほうです。 樹木は、草木に比べるとさらに光合成能力は低くなります。 ケナフは光合成能力が高いと言われていますが、Indian Journal of Experimental Biologyという雑誌(2002年、38号、841-844頁)に、40mgCO2/dm2/hrという光合成速度が出ていました。 これが本当だとするとイネと同じぐらいで、トウモロコシの2/3といったところですから、そんなに光合成能力が高いとは言えないでしょう。

お問い合わせは・・・
株式会社 エココスモ
横浜市港北区新吉田町216 2号棟
電話:045-590-6631(代)  FAX:045-593-8851
メール:info@eco-cosmo.com
お問い合わせフォーム
Copyright(C) 株式会社 エココスモ Allrights Reserved.