イワダレソウ改良品種「クラピア」による壁面緑化資材
クラピアのスダレ

クラピアの特色を最大限に活かした壁面緑化資材
ホーム   >   製品紹介   >   緑化資材「クラピア」   >   壁面緑化資材「クラピアのスダレ」
壁面緑化資材「クラピアのスダレ」
下に垂れて生育するクラピアの特色を最大限に活かした壁面緑化資材です。
横浜市企業提案型SBIR認定商品

これまでの壁面緑化資材についての施主側の感想は「価格が高すぎる」と言うものが多く、この一言につきると思います。 当社はいかに格安で壁面緑化を提供できるか・自然の摂理に従うことをコンセプトに開発しました。

クラピアは元々雑草のイワダレソウを品種改良した植物です。 クラピアはイワダレソウのDNAを継承しており、上には這い上がらず下に垂れて生育します。

平面の土の上ではランナー(茎)の節目から根が出て土中に張り、そこから水分養分を吸収します。 しかしプランターを壁面に取り付け空中に垂らした場合、節から根は出ますが2〜3mmで生育は止まります。 水分・養分はプランターの元々の根からだけ吸収されます。 実験の結果、その場合ランナーは平均250cm伸びます。この特性を利用したのが当社の製品「クラピアのスダレ」です。

建物の階毎の上部にオリジナルプランターにオリジナル配合の(保水性の高い土壌)土壌にクラピアを植え込みます(図中1.2)。 このプランターは壁面(図中3)にオリジナル金具で固定します。 プランターの下には60mm角の格子(図中4-金属製)が固定されます。 金属格子はビルの壁面(図中3)にオリジナル金具で固定します。
生育したランナー(図中1)はプランターの下方に固定された格子(図中4)に絡まって生育しますが、中には絡まないランナーもあります。 強風が吹いた場合、そのランナーは根本から千切れることが予想されます。 それを防ぐ為にメッシュの帯(図中5)でランナーを固定します。帯は格子(図中4)に固定します。

プランターサイズ W600×D100×H200
金属格子(3タイプご用意) 600mm×1800mm
900mm×900mm
900mm×1800mm

※金具等は高山金属工業株式会社オリジナル製品
潅水は基本的に不要とします。ただし、夏場、晴天が15日以上続いた場合のみ散水ホースでプランターに潅水して下さい。

お問い合わせは・・・
株式会社 エココスモ
横浜市港北区新吉田町216 2号棟
電話:045-590-6631(代)  FAX:045-593-8851
メール:info@eco-cosmo.com
お問い合わせフォーム
Copyright(C) 株式会社 エココスモ Allrights Reserved.