屋内・屋外用(長期対候型)水性、防水・撥水塗料<木材用>
ハッスル・撥水君の使用方法

シックハウスシックスクールとは無縁!ホルムアルデヒド規制対応商品です
標準塗り面積(1Kg当り)
1回塗り12〜16m2 塗布可能
2回塗り8〜12m2 塗布可能
塗布用具
   刷毛(水性塗料用)    ローラー    スプレー    ガン吹き 等   

ハッスル・撥水君の塗布方法

塗布の前に… 塗布面の汚れ・油分等を取り、十分乾燥してください。
※十分乾燥していない場合は、「ハッスル・撥水君」が木に浸透しません。
塗布方法

一般的刷毛塗りの場合
  1. 水溶性塗料用刷毛をご使用ください。
  2. 刷毛にべったり撥水君を付けず、半分位付けて塗って下さい。(1回塗りで平均12〜16m2/kg塗布できます。)
  3. 薄く塗布してください。 厚塗りになってしまった場合は布などで塗布部に擦り込むよう拭き取って下さい。(浸透し塗膜を形成しますので、効果は変わりません。)
    ※厚く塗ると硬化・酸化過程で乳白色になることがあります。また、過剰なベタつき感の原因ともなります。
  4. 【2回塗りの場合】
    1回目がよく乾いてから2回目を塗布してください。気象条件にもよりますが、晴れて湿度の低い日であれば、気温20度で15〜30分後(できれば60分後)が理想です。 完全乾燥まで2日間です。
ポイント

コツは”薄く延ばすこと!”
塗布面に優しく浸透します。

フローリング塗布のポイント

擦り込むように拭き取る ハッスル・撥水君を塗布しながら、ウェスにて擦り込むように拭き取ります。
仕上げは自然ワックスで 2日後に蜜蝋系の自然ワックスを塗ると完璧!です。
※蜜蝋系の自然ワックス以外は決してお使いにならないで下さい。
べた付き感が強い場合の原因 厚く塗りすぎている
1回目と2回目の乾燥時間不足
染み込みにくい素材に塗布している

留意点

 白濁がでた場合

塗布乾燥後は無色透明となり、木の美しい風合いを損ないません。
水滴が一時的に木に浸透して「曇り現象」のため一見白濁したように見えますが、水滴が蒸発すれば完全になくなります。

 樹液成分が多い木材の場合

松やに(唐松など松類)・タンニン(ヒバ類・南洋木材類)など樹液を多く含む樹種については、 樹液成分がにじみ出して斑点になる場合があります。

お問い合わせは・・・
株式会社 エココスモ
横浜市港北区新吉田町216 2号棟
電話:045-590-6631(代)  FAX:045-593-8851
メール:info@eco-cosmo.com
お問い合わせフォーム
Copyright(C) 株式会社 エココスモ Allrights Reserved.